90年代日本テクノシーンの立役者であり、現在では数々のアーティストの詞曲編曲プロデュースを手掛けてJ-POPシーン全体で活躍するCMJKとヴォーカルのPicorinによる2人組テクノ・ユニット:Cutemen。
9月6日(水)に発売されるニューアルバム『Exhibition Of Love & Desire』の初回盤は、福富幸宏・石野卓球・MOP of HEAD・サワサキヨシヒロ・HONDALADY・TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND・Sigh Society・KING OF OPUS・TAICHI MASTERといった顔ぶれが揃ったリミックス特典ディスクも注目だが、これまで伏せられていた収録曲のラインナップと、気になるニュー・ビジュアルが公開された。
cutemen_rgb_500
前作から僅か9ヶ月で発表される新曲10曲は荘厳なオープニングと穏やかなクロージングによって循環するCutemen流のサイケデリアな世界感を描き、ルーツのひとつでもある80年代シンセポップのエッセンスが大胆かつ現代的に取り入れられたファンキーなグルーヴが大きな特徴。キャリア史上最も肉感的でダンサブルな内容に仕上がっている。
オープニングから続く2曲目「M.O.T.S.U」は、とある日本のソウル・フードを来るべき2020年の東京オリンピックを視野に入れてか世界中からの観光客にレコメンドする異色作。前編英語詞のようで、よくよく歌詞を聴くと外国人でもそのソウルフードの食べ方のマナーが覚えられるというスグレモノ?になっているが、サウンドはゴリゴリのテクノだったりするから聴きものだ。ではその気になる日本のソウルフードとは?その答えは、公開されたシュールでサイケデリックなアートワークに隠されているとかいないとか。
また今作ではビーチ・ボーイズの名曲「Good Vibrations」をカヴァーしており、あの複雑なコーラスワークをいかにCutemenサウンドに変貌させたかも楽しみである。

もちろん中心となるのはCutemen一流の切ないメロディーと歌詞によるシンセポップ曲。全作以上に充実した曲の仕上がりは最高傑作との呼び名に相応しい内容になっている。

今作の発売にあたり、タワーレコード、HMV、アマゾンでは、それぞれ内容の異なるニューアルバムの新曲リミックス・バージョン(各1曲入りCD-R)が予約・購入特典に決定。マストバイの初回限定盤に加え、他では入手不可能なレア・リミックス音源を是非手に入れて欲しい。

Cutemen『Exhibition Of Love & Desire』

Print
2017年9月6日(水)発売
初回限定盤(2DISC)VIZL-1227 定価:\3,500+税
通常盤(1DISC)VICL-64833 定価:\3,000+税
初回限定盤(DISC-1)・通常盤共に全10曲収録予定

<ニューアルバム収録曲決定!>
1.Love From Different Dimension
2.M.O.T.S.U
3.Sympathizer
4.Forever
5.Good Vibrations
6.Cucumber
7.It’s Not Love
8.Heat Of Love
9.Hurt Me
10.Contact

初回限定盤特別ディスク『ReHumanity』(DISC-2)リミキサー一覧
1.Get Ready(For The Childhood’s End) = MOP of HEAD
2.Celebration = サワサキヨシヒロ
3.Born To Love You = CMJK
4.終末時計 = 福富幸宏
5.Get Ready (For The Humanity’s End) = 石野卓球
6.Gasoline Car = HONDALADY
7.Loser = TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND
8.Mind Wandering = Sigh Society
9.The Light =KING OF OPUS
10.Sayonara = TAICHI MASTER